ブログ

春の新生活応援キャンペーン実施中!

2024年3月1日

🌸 春の新生活を応援する特別キャンペーンのお知らせ 🌟

新しい季節が始まるこの時期に、私たちから皆様を応援するキャンペーンをお届けします。
春といえば、新生活がスタートする季節。新たな始まりには、心も空間もすっきりとさせて、気持ちよく迎えたいものですよね。そこで、私たちは「春の新生活応援キャンペーン」を実施することにしました!

キャンペーン概要

対象地域:横浜市、相模原市、町田市
キャンペーン期間:2024年3月1日から3月31日まで
特典:期間中にフリーダイヤルまたはお問い合わせフォームからご成約いただいたお客様には、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷清掃、特殊清掃を税込金額から10%オフでご提供します。
 

遺品整理士認定協会から10年連続で「優良事業所」として認定されている私たちは、プロフェッショナルとして、あなたの大切な空間をきれいに生まれ変わらせるお手伝いをさせていただきます。

新生活を新しい気持ちでスタート

春は新たな生活を始める絶好の機会。しかし、新生活を始めるにあたり、過去の物や思い出が新しいスタートを妨げることもあります。私たちにお任せいただければ、心も空間もすっきりと整えることができます。この春、私たちと一緒に新しいスタートを切りませんか?

📞 フリーダイヤルまたは💻 お問い合わせフォームから、ぜひお気軽にご相談ください。あなたの新生活のスタートを、全力でサポートさせていただきます。 
 

この春、新しい気持ちで生活を始めましょう!お問い合わせを心よりお待ちしております。

ホームページをリニューアルしました。

2023年12月27日

日頃より弊社のウェブサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、弊社のホームページを全面的にリニューアルいたしました。新たなウェブサイトは、皆様にとってさらに使い勝手が良く、情報を得やすい環境を提供することを目的としております。

より直感的に操作できるユーザーインターフェイスを導入し、各種デバイスに適応するレスポンシブデザインを採用しています。また、新たにコーポレートロゴもご用意しました。

弊社は、お客様一人ひとりのご意見を大切にし、皆様のご期待に添えるよう努めてまいります。新しいホームページが、皆様にとって、より一層の価値を提供できることを心より願っております。

今後とも変わらぬご支援、ご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。

事例紹介:遺品整理(神奈川県横浜市金沢区)

2023年12月17日

BEFORE

AFTER
作業内容
遺品整理

場所
神奈川県横浜市金沢区

間取り
3DK 

スタッフ人数
6人

物量
2tトラック(3.5台)
神奈川県横浜市金沢区のお客様からのご依頼でした。
御遺品の捜索やご供養、納骨に関して、不安を感じていらっしゃいましたが、何度もヒヤリングをさせて頂き、出来る限りご希望に添えるよう努めさせていただきました。

不要品回収と遺品整理の違いとは

2023年1月16日
不用品回収と遺品整理の違い

遺品を整理したいけれど、遠くて行けない、物が多すぎる、時間や手間がかけられない、自分でやるには思い切りがつかない。
遺品整理にはさまざまな事情が絡んできます。
そういった思いを抱えている方に代わって、遺品整理業者が片づけをおこないます。
遺品整理とは、一見ゴミに見えてしまうものに価値を見出して全てをご遺品と捉え、大切なものを依頼人や親族に繋ぐ作業です。
 
ここでは遺品整理業者が遺品に接する考え方について、また、遺品整理と不用品回収はどう違うのかを説明していきます。
 
1. 遺品整理では不用品と遺品を区別します。探し物もお聞きします
2. 遺品の分別方法
3. 必要ならば特殊清掃もおこないます
4. 故人への配慮も欠かしません
 
 

1. 遺品整理では不用品と遺品を区別します。探し物もお聞きします

不用品回収業者は、依頼された物をすべて不用品として引き取ります。あとは他所の回収品と一緒にされ、廃棄作業へと続きます。
 
一方、遺品整理は、故人が生活していたプライベート空間に出向き、その場で遺品と不用品を分別します。依頼人やご家族の立ち合いが可能かどうか、業者を決めるときに事前に確認をしておきましょう。プライベート空間に入れる業者です。立ち合いを拒否する業者は、優良遺品整理業者とは言えません。
 
こうやって分別した遺品は、まとめて依頼人と相談します。また、不用品は引き取らせていただき、リサイクルやリユース行うため、さらに分別や梱包作業をおこないます。
 
依頼者の方が探したいものがある場合は、どんなものでも遺品整理業者にお教えてください。
故人が過ごされていた空間で、整理をしながら探します。
 

2. 遺品の分別方法

不用品回収業者にとっては、ご依頼を受けたものはすべて不用品です。つまり回収したものはゴミとして扱われ、すべて廃棄処分にされます。
 
けれども遺品整理業者は違います。依頼物を「価値のある遺品」として扱います。遺品整理では、日常の不用品と持ち物や思い出の品など、ご家族にとって価値のあるものをまず仕分けます。そして私物はご依頼人のご意向にまかせます。残されたものをひとつひとつ確認をしたうえで分別します。
 
もちろん一括して処理をご希望される場合は、そのご意向に従います。どういった対処をご希望されるか、事前に教えていただければ、よりニーズに合った対応が可能です。
 

3. 必要ならば特殊清掃もおこないます

遺品整理業者は、依頼人からのご希望があれば特殊清掃も請け負います。ここが不用品回収業者と大きく違うところです。
特殊清掃は、片付けて部屋を空にするだけではありません。清潔でクリーンな生活空間を復元することを目指します。
 

4. 故人への配慮も欠かしません

人は誰にでも家族や身内に見られたくないものがあります。遺品整理をしていると、故人が人には見せたくなかっただろうと思われるものも出てきます。そういったもので、金銭的には価値のない物はこちらでこっそり処理します。亡くなられてからも存在する故人のプライバシー。そこを大切にして残された物を扱います。
 
また、亡くなられた方が、生前にご意向を書いたものが見つかる場合もあります。
こういった場合はかならずご依頼人に伝達を行います。
 
こういった業務は一般に、不用品回収業者が扱わない作業となります。
 
 

まとめ

遺品整理と不用品回収は違います。
ドライにすべてを処分するのが不用品回収業者、亡くなった方の生活空間に立ち入り、故人を尊重し、身内の方に代わってひとつひとつ分別して片付けていくのが遺品整理です。
 
どちらを選ぶべきか、迷われている場合は見積もりをお勧めします。
業者を探し、見積もりと契約予定内容を見ていると、ご自分に合う業者が見えてきます。
悔いのない遺品整理のために、ご希望を事前に整理業者にお伝えいただけるとありがたいです。

不用品回収や遺品整理業者の選び方とは?悪徳業者に騙されないために

2022年11月8日

不用品回収や遺品整理の業者は、優良業者に頼めば素人が行うよりも少ない時間で安く作業を完遂してくれる、頼もしい存在です。
しかし、便利だと思っている人が多い反面、それを利用して信頼を裏切るような行為を行う悪徳業者もいます。
悪徳業者に騙されて、泣き寝入りするしかない被害者は年々増加しているのが現状です。
「安く遺品整理をします」と謳っておいて高額な請求をしたり、回収した不用品を不法投棄したりと悪徳業者の手口は多岐に渡ります。
今回は、そんな悪徳業者に騙されないために、実際の被害事例を取り上げ、業者の選び方、悪徳業者に騙されてしまった場合の対処法をご紹介致します。
 
不用品回収・遺品整理業者の悪徳業者に依頼するリスクとは?
被害事例を交えて解説
不用品回収・委員整理業者の悪徳業者の手口とは、どのようなものがあるのでしょうか。
実際の被害事例を知ることで予防することができるため、悪徳業者からのよくある被害をご紹介します。
 
・不用品回収の定額パックに申し込んだのに、高額な追加請求
1つ目は、不用品回収業者のサイトで「追加費用一切なし!定額パック料金に全て含まれています」との記載を見て申し込んだものの、不用品や粗大ごみを回収し、トラックに積んだ後に高額な追加請求をされるというケース。
→参照ページ
トラックに積んだ後から、「不用品が重い」「別途、処分料がかかる」等と言われて契約内容を大幅に上回る金額の追加請求をされ、2万円の定額パックのところ50万円も請求された人もいたようです。
 
このように、不用品を回収した後に契約内容にはなかった追加の請求をしてくる悪徳業者が後を絶ちません。
 
・金額未記入な書類に署名させ、回収後法外な請求
2つ目は、「格安料金で不用品を回収する」と宣伝をしながら、顧客に金額未記入の書類に署名をさせ、不用品をトラックに積んだ後に法外な金額の請求をするケース。
→参照ページ
「10万円以下で不用品を回収可能」と口頭で契約した後に、不用品をトラックに積んだ後に、顧客の署名済みの書類に40万円と金額を上書きして請求をしています。依頼者は口頭で説明を受け、書類に署名をしてしまっているので、訴えたくても難しい厄介なケースです。
口頭の料金を大きく上回る金額を提示して、脅して多額の金額を支払わせるという悪徳業者は多数存在しています。
 
・遺品整理の業者が回収した不用品を不法投棄していた
3つ目は、「費用が高いのは、適切に処分をするため」と顧客に説明をして高額な費用を受け取り、遺品整理などで出た不用品を回収して無人の資源ゴミセンターに不法投棄をしていたケース。
→参照ページ
しっかりと金額を受け取って不用品を回収していたにも関わらず、不法投棄を繰り返し逮捕されている事例が存在します。不法投棄場所は資源ゴミセンターや山奥、海など様々で、不法投棄は犯罪なので見つかると逮捕に繋がります。
注意すべき点として、悪徳業者の不法投棄は、依頼者側も逮捕される可能性があるということ。
犯罪に加担しないように、正しい業者を選ぶ必要があります。